返済中でも売るコツ

【車検証】所有者/使用者の違い?ローン会社である場合の売却方法と注意点

更新日:

車検証の所有者

普段はあまり見ることのない車検証。

売却時には必ず必要になり、チェックポイントがいくつかあります。

ローン返済中の車を売る方法については、当サイトトップページで解説しています。

所有者による売却可否

結論を先にまとめると、以下の表のようになります。

所有者 使用者 売却の可否
あなた あなた 売却可能
ローン会社 あなた 売却不可能

「所有者=使用者」とは限りません。

ローン返済中の車売却時には「所有者が誰か?」が非常に大切なポイントになってきます。

 

車検証のチェック

所有者や使用者が誰であるかは、車検証を見ればすぐにわかります。

車検証の所有者欄

上記の赤線で囲った「所有者の氏名又は名称」という欄があるので、ここに誰が記載されているかを確認します。

所有者

所有者は車の持ち主のことであり、現金一括などで購入している場合は、この所有者欄は「あなた」の氏名と住所が記載されています。

ただしローンを使って購入した場合、この欄にはあなたの名前ではなく、ディーラーや金融機関などの「ローン会社」の名前が入っているはずです。

つまりローンで買った場合、その車の持ち主は、あなたではなくローン会社です。ローン会社が所有者なのです。

このように所有権がローン会社にある状態を所有権留保といいます。「ローン払い終わるまでこの車をアナタのものにするのは保留ね」といったイメージです。

使用者

使用者は実際に運転する人物のことであり、支払い・購入方法によらず、「あなた」の名前が記載されているはずです。

使用者があなたであっても、所有者があなたでなければ、その車はあなたのものではありません。

 

売却時の手順

車検証チェックすると、以下どちらかのパターンになるかと思います。

  1. 所有者=あなた、使用者=あなた
  2. 所有者=ローン会社、使用者=あなた

1のケース「所有者=あなた」

あなたのモノなので、自由に売ってしまってOKです。

いつ売るのかについても、あなたが全て決めてしまって問題ありません。あなたの車ですから自由です。

2のケース「所有者=ローン会社」

あなたのモノではないので、勝手に売却することはできません。ローン会社の許可・了承がいります。

所有者であるローン会社から「売ってもいいですよ。」という旨の委任状書類が必要で、許可がもらえると、所有権留保の解除がされます。

つまり「所有者をあなたにするのストップしてたけど解除!」というイメージで、所有者=あなた、に変更されます。

こうして所有権留保の解除がされると、その車はあなたのモノになりますので自由に売却できます。

 

注意点

上記で説明した通り、ローンが残っている車だとしても「所有権留保の解除」ができれば、売却可能です。

ただし、ローンの返済義務が消滅することはありません。必ず全額返さねばなりません。

所有権留保の解除の条件として、ローン全額返済することが求められます。

つまり、

所有権留保の解除

車の売却

売却金を使ってローン完済

という手順を踏む必要があり、もし売却金だけではローン完済できない場合は、自己資金(貯金)などを追加投入することになります。

 

まとめ

おさらいですが、ローン返済中の車を売った後も、ローン返済義務は残ります。

1万でも高く売ることができれば、自己資金投入せずにローン完済できます。

高額で買い取ってくれる会社を見つけるには、一括査定サービスを使って見つけ出してください。

リクルート運営「カーセンサー」、ヤフー運営「カービュー」なら間違いありません。

カーセンサー(リクルートグループ)
https://carsensor.net/

カービュー(ヤフーグループ)
https://carview.co.jp/

-返済中でも売るコツ

Copyright© ローン中の車を売る方法【無料1分で解決】 , 2018 All Rights Reserved.