体験談レビュー

【売却体験談】アルトが50万円で売れた!ローン残っていたのに臨時ボーナス10万円ゲット!(男性・26歳)

更新日:

ローン残っているアルト(スズキ)の売却

以下のような背景と流れで、ローン残っている車を売却しました。

どのような車か?(車種名や走行距離など)

私の年齢は26歳で、売却した車種はスズキアルトです。

走行距離はたしか4万キロくらいだったと思います。交通事故等の事故歴はなく、購入して2年半でした。

なぜローン返済中の車を売ることになったのか?

子供が生まれることが決まったので家族が増えることに合わせて、軽自動車からからミニバンに買い替えしたいと思ったからです。

どのくらいのローンが残っていたのか?

ローンはまだ40万円くらい残っていました。毎月1万円ほど払っていたので、あと3年も払い続けるのは厳しかったです。

最終的には、50万円で売却することができました。

ローン残高よりも高い価格で売却できたので、ローンの完済ができてことはもちろん、手元に10万円が手に入りました。

売却額50万円 ー ローン残額40万円 = 手元10万円 ということです。

どのように売却先を探したか?

私の場合は、一括査定サービスを使って、買い取ってくれる業者さんを探しました。ローン残っている車の場合、どこでも買い取ってくれるわけではないですからね。

いろいろな一括査定サービスがありますが、知名度もあって安心だと思い、カーセンサーで一括査定したところ、「買い取りますよ」というところが6社も見つかりました。

友達に売ったり、ヤフオクやメルカリなどのネットオークションでの個人売買といった方法もありますが、やめておいた方がいいです。ローンの支払いが終わっていない状態で、個人売買を行うには非常にリスクがあると思います。

聞きなれないので難しいですが、ローン残っている車の売買には「所有権解除」といった手続きがあります。法律上必要な手続きです。素人には全く意味がわかりません。ググってわかるようなことでもないです。

その点では、カーセンサーで見つかった業者は、そのあたりの売却に伴う手続きをすべてやってくれるので助かりました。

ローン返済中の車を売るということは結構普通にあるようで、業者にとっては慣れているので、どんどん質問したり相談してみても大丈夫でした。

ちなみに車検証を見てみて、所有者が「誰であるか?」を見てみてください。ローン会社やディーラー名義になっている場合、最終的にいくらで売れるのか?がとても重要です。ローン完済できなかったら売る意味がほぼなくなってしまうからです。

1社でも多くの業者から買取価格を査定してもらってください。査定価格を比べることは必須で、やはり一括査定サービスを活用すると便利です。

※車検証の「所有者」のチェック方法は以下記事で紹介しています。

【車検証】所有者/使用者の違い?ローン会社である場合の売却方法と注意点

ローン残債分(残額)はどのように処理・対応したか?

さきほど述べましたが、売却金額50万円を使ってローンを完済しました。

ローン残額は40万円だったので、ローンすべて返せただけでなく、臨時ボーナスとして手元に10万円が残ったのは嬉しい誤算です。

今回の私はラッキーでしたが、売却代金がローン残額を上回っていればOKですが、必ずしもそうではないですよね。

ローン残額よりも売却代金の方が少ない場合には、ローンを完済できません。それでもローンの支払い義務は消えず、ずっと残ることになるので注意してください。

ローン返済中の車売却をする方へ

アパレルや家電を売るときとはわけが違い、車はローンを借りていると自由に売り買いできません。

ローン残っている車を売却するためには、少しでも高く買い取ってくれる業者を見つけることが本当に大切になってくると痛感しました。

そういう意味でもやはり、一括査定サービスは優れた業者が見つかるので、使わない手はないと思います。

※今回私が使った一括査定サイト
カーセンサー
https://carsensor.net/

ローン返済中の車を売る方法を当サイトTOPページで紹介しています。

-体験談レビュー

Copyright© ローン中の車を売る方法【無料1分で解決】 , 2018 All Rights Reserved.