体験談レビュー

【売却体験談】ローン65万円残っているコペンローブを売ってCR-Zに乗り換えた話(男性・22歳)

更新日:

私は22歳です。ダイハツのコペンローブに乗っていました。ローンが65万程度残っておりましたが2週間前に乗り換えました。

コペンは走りに関してはかなり軽自動車では良いですが、2人乗りで室内が狭くて普通車のAT車に乗りたくなりホンダのCR-Zに乗り換えました。(結局MT車ですが汗)

売却先はいつもお世話になっているチューニングショップにお願いしました。いつも細かい部品やパーツなどなんでも売っていただいたり、車検や自分でできない作業などをしていただいている優遇のきくお互いが信頼できるような関係です。

そこで、まず問題になったのがやはりローン分をどう支払うかでした。

走行距離は約45000kmでそんなに走ってはいませんでしたが、改造車で車高も低くしていて下廻りもへこみなどがあり少し値段をつけにくい状態でした。通常ならフルノーマルでこの距離なら100万円で売却できます汗。

ですが付けている高価なパーツなどを少しプラスしてもらったり使っていないコペンのパーツを一緒に買い取りしてもらい73万円で買い取っていただきました!

いつも利用しているのと次もこのショップで買うと決めていたので買い取り価格が大幅に上がりました。(次の乗り換え車両も結構値下げしてもらいました汗)

その買取価格でローン残債分を返済しました。残りの8万円は次の車のパーツ代にまわしました。

次に問題になったのが、所有権留保の件でした。やはりローンが残っているので所有権はローン会社にあり勝手に売却というのは不可能です。

これはショップの店長がローン会社にお願いして委任状を作成していただきました。

ただ、1年程度しか乗ってなくてちょっと無理を言ったらしく次の車のローンもこの会社で組む条件で話は進みました。(もちろんローン会社の不満もなくショップにもお世話になっていたので了承しました。)後から友人から聞いた話ですが本当は自分でローン会社に連絡するのが普通らしいです汗

ですが売買に慣れている、おねだり上手なショップという事もありトラブル等は一切ありませんでした。

今後ローン返済中の車売却を考えている方へアドバイスとして、

①ディーラー、ショップ、町工場などどれか自分のニーズに合ったお店を見つけ仲良くする。

いつも利用していると優遇は多少たりともきかせてくれると思います。ちょっとした修理でや空気圧点検など気軽に通ってみましょう。

ですがたまに見かけるクレーマーになっていては優遇など全くききません。お店側も人間が経営していますので少なからずミスはあると思いますが洗車の水滴が少し残ってたなど細いことで文句を言っているようなお客様にはお店側も印象的には残りにくいと思います。

なのでクレーマーにはならないようお互いが気持ちのいい取引ができる環境を作ることです。

②ローン返済中にトラブルを起こさないこと。

これは友人から聞いた話ですが、ローン返済忘れ(今は引き落とし等が主流ですが)や口座にお金がない等ローン会社とトラブルが起きるとローン会社から委任状を作成してもらえないケースがあるらしいです。

ローンの遅延があれば少なからず何か問題が起こるということですね。まだありますがこのようなことを考えてみながら売却を考えるといいと思います。

はじめてのローン返済の車を売却でしたが今回は色々な方にお世話になり、わからないことはショップの店長が気軽に教えていただき、かなりスムーズに売却から次の車の納車まで進むことができました。

日数にして売却は3日で納車は車検点検を入れて2週間ほどでやっていただきかなり早く感じました。

いい店を探すだけでなく色々なコミュニケーションをお店側ととり全てを任せれる関係を作っておくと結構にお得に事が進めれると思いますので皆さんも参考にしてみてください。

ローン返済中の車を売る方法を当サイトTOPページローン中の車を売るで紹介しています。

-体験談レビュー

Copyright© ローン中の車を売る方法【無料1分で解決】 , 2018 All Rights Reserved.